home 事務所案内 お問合せ 書籍販売 講演 お客様の声 料金表 ご依頼の流れ お悩み相談


2015.10.19 Monday

「遺贈する」と「相続させる」の違い 【菊川市】

0
    「遺贈する」と「相続させる」、どちらでもいいような気がしますが、気をつけなければなりません。

    登記の手続きをする際、「遺贈する」とされていた場合には、財産をもらった人は、全相続人あるいは遺言執行者と、共同申請しなければなりません。反対があった場合には、手続きが滞ってしまう恐れがあります。

    「相続させる」とした場合には、受益者は、単独で申請し、登記することができますので、手続きは簡単です。

    些細な表現の違いですが、結果は大きく異なります。遺言書作成の難しさがここにあります。

    コメント
    コメントする