home 事務所案内 お問合せ 書籍販売 講演 お客様の声 料金表 ご依頼の流れ お悩み相談


2015.06.01 Monday

緊急時に行う遺言書の作成 【菊川市】

0
    病気などで死亡する危急が迫っている場合などに行われる、遺言書の作成方法の概要です。

    − 一般緊急時遺言の場合 −

    1、証人が3人以上立ち会う。
    2、遺言者が証人の1人に、遺言の趣旨を口述する。
    3、口述を受けたものが筆記する。
    4、口述を受けたものが、筆記したものを証人に読み聞かせる。
    5、各証人が筆記が正確なものであるか確認をし、署名押印をする。

    遺言の日から20日以内に、家庭裁判所の確認を求めないと、効力が生じないとされていますので、注意が必要です。




    コメント
    コメントする