home 事務所案内 お問合せ 書籍販売 講演 お客様の声 料金表 ご依頼の流れ お悩み相談


2015.04.10 Friday

「何も相続しない」と「相続放棄」 【掛川市】

0
    遺産分割協議で「何も相続しない」としたから「相続放棄した」と思われる方がいますが、少し違っています。

    相続放棄は裁判所での手続きを必要とし、認められれば、最初から相続人でなかったことになります。

    ただ「何も相続しない」とした場合には、相続人であることには変わりありませんので、後で財産が見つかれば、再び遺産分割協議に参加しなければなりませんし、負債がみつかれば、その負担も背負うことになります。




    コメント
    コメントする