home 事務所案内 お問合せ 書籍販売 講演 お客様の声 料金表 ご依頼の流れ お悩み相談


2015.11.10 Tuesday

相続人が行方不明。思わぬ事態に 【菊川市】

0
    「相続人の行方が分からない」といった話は、特に珍しいものではありません。「もう何十年も音信不通で、どこで何をしているのか分からない」とったものです。

    普段生活しているうちは問題ないのですが、これが相続になると思わぬ事態に陥ることがあります。

    例えば、配偶者が亡くなるとその方の銀行口座は凍結されます。お金を引き出すには「相続人全員の同意書」か「遺産分割協議書」が必要になるのですが、どちらも相続人全員の印鑑を必要とします。しかし、相続人の1人は行方が分からず、連絡をとることができません。結果、お金を引き出すことができなくなり、生活に困窮してしまう事態に陥ってしまうケースです。

    家庭裁判所の手続きをすることになるのですが、数ヶ月という時間を要します。亡くなった配偶者が預貯金のすべてを管理していたりすると、大変なことになってしまいます。

    行方不明の方がいる場合には、放置することができません。対策が必要になります。

    2015.08.28 Friday

    「行方不明」と「所在不明」の違い 【菊川市】

    0
      似ていますが、少し違います。

      「行方不明」は、生死不明の場合です。
      「所在不明」は、生きているのは分かっているが、どこに住んでいるのか分からない場合です。

      手続きも違ってきます。

      「行方不明」の場合は、裁判所に「失踪宣言」の申し立てをします。裁判所が認めれば、その人は死亡したものとみなされます。

      「所在不明」の場合は、裁判所に「不在者財産管理人」を選任してもらいます。不在者財産管理人は、不在者に代わって、遺産分割協議参加したり、財産の管理を行うことになります。

      | 1/1PAGES |