home 事務所案内 お問合せ 書籍販売 講演 お客様の声 料金表 ご依頼の流れ お悩み相談


2015.11.12 Thursday

財産管理契約書のメリット「疑われない、関係が悪くならない、堂々と介護できる」 【菊川市】

0
    財産管理契約書を作るメリットは他にもあります。

    多くの場合、契約書などを作らず、近くにいる子供が親の世話をすることになると思いますが、ここで問題が発生します。

    他の子供たちから「親の財産を勝手に使い込んでいるんじゃないのか?」と疑われることです。とても残念なことです。

    嫌な思いをするだけならまだマシですが、これをきっかけに相続争いに発展してしまったら、目も当てられません。

    財産管理契約書を作るということは、財産状況を明らかにし、その管理方法や管理する範囲において、合意を得るということです。

    お金はかかりますが、不要なトラブルや、嫌な思いをしないためにも「財産管理契約書」の作成をお勧めします。

    2015.11.11 Wednesday

    財産管理契約書のメリット「手続きが容易になる」 【菊川市】

    0
      家族なのに、なぜ財産管理契約書を作らなければならないのかと言うと、手続きが容易になるからです。

      銀行で手続きをするにも、いちいち委任状が必要になります。市役所で書類をもらうにも、いちいち委任状が必要になります。

      「なんで子供の私が、親の住民票を取れないのだ…?」といったことを避けることができるようになります。

      寝たきりになったりして、親の身の回りのお世話をすることになった場合には「財産管理契約書」の作成をお勧めします。

      2015.04.30 Thursday

      財産管理を誰にやらせるか 【掛川市】

      0
        「財産管理を子供にやらせて、財産が目減りしてしまった」という話は、枚挙に暇がありません。

        相続人が、その子供ひとりであれば問題ありませんが、複数であった場合にはトラブルの原因となります。親の資産を使い込まれてしまった他の相続人には、諦めるか、争うかの選択肢しかありません。とても円満な相続とは言えなくなります。

        誰に財産管理をさせるかは、重要な問題です。

        多くの方は「お前に任せる」といった口約束をされると思いますが、ここに、契約書を挟み込む方法があります。

        「財産管理等の委任契約書」 の作成です。

        内容を明らかにすることで、不要なトラブルを未然に防ぐ効果が、期待できます。



        | 1/1PAGES |